2020年5月16日土曜日

2018夏のヨーロッパ③TGVでパリへ

今から35年前のドイツ・スイスへ留学中、ミッテラン大統領の時代1985年にフランスは突然日本人に対して入国ビザを復活させました。そのため隣国ドイツに住んでいながらフランスの領事館へ出向いてビザを申請せねばならず、5年間ヨーロッパにいて遂に一度もフランスの地を訪れることは叶いませんでした。
それから33年経って再びフランスへ行くチャンスが巡って来たのです。しかもフランスの誇る高速列車TGVに乗ってパリへ!
12時58分発の列車に乗るため午前中でフランクフルト観光を切り上げて、中央駅へ戻り軽く昼食を済ませました。そして、いざホームへ。

 2階建て車両、右に並ぶドイツのICEと競い合うようです。

2階建て車両の2階へ、シートはビニールで長距離バスのような仕様です。

2階席からの眺め、ドイツ国鉄のREGIOが停まっています。ちょっと優越感。

間も無く発車時刻、と思っていたら時間を過ぎても列車は動く気配がなく、20分ほどして「残念ながら技術上の理由でこの列車は運休となりました」というアナウンスが。
夕刻には憧れのパリに着いてセーヌ川下りの船で夕日をという夢は一瞬にして砕かれました。すごい人混みの中、Reisezentrum(日本のみどりの窓口)に並んで、なんとか16:58分発のパリ行の指定券を取りました。これだと22時近くにパリに着くことになり、正直不安です。

  仕方なく構内のスターバックスコーヒーで時間を潰して



その後、女性二人は何処へかショッピングへでかけてしまいました。仕方なく駅のベンチに腰掛けて、フランス語で1から100まで数を覚えようとしましたが、これがなかなか難しい。

そういえば、先ほどのみどりの窓口で、何と知り合いの日本人学生数名とばったり出会いました。そのうち一人は栃木県のK先生ご夫妻のお弟子さんで旧知の間柄、今ドイツに留学中とのことでした。早速栃木県まで国際電話をかけてご報告させていただきました。

そうこうしているうちにやっと乗車時刻。先ほどよりも明らかに混んでいます。車内超満員で殺伐としています。




TGVはマンハイムからストラスブールを通ってパリへ一直線に向かいました。ドイツ内は在来線を通る区間で渋滞がありましたが、フランスに入ると速度計では、300km超えで快調に飛ばしました


     ストラスブールを過ぎたあたりの車窓



さて、約4時間後無事にパリ東駅に到着、サンラザール駅そばのホテルに宿泊します。
タクシーでも近いようですが、なんとなくメトロでと思って少し歩くけれどRERという近郊電車のE線で一駅なので、それに乗ってみようということになり、東駅からマジェンタという駅まで歩くことにしました。

       喧騒の中、パリ東駅に到着

ところが、重いスーツケースを持ったまま駅を出て北側の階段を上って線路脇の高台をかなり歩かねばならず、しかも夕闇の中かなり怖い雰囲気のお兄さんたちが立っていていきなり、これがパリか〜とかなりの衝撃を受けました。ビビって写真を一枚も撮れなかったので、グーグルストリートビューでどうぞ。前方進むと東駅へ降りる階段が見えます。




やっとたどり着いたマジェンタ駅からRERのE線に乗りましたが、車内も衝撃。


そして、車内チャイムがまた衝撃


フランスに来た〜という感じでした。

2020年4月18日土曜日

2018年夏のヨーロッパ〜②フランクフルト

さて、無事に入国後、空港駅からSバーン(近郊電車)でフランクフルト中央駅へ。乗車券をドイツ国鉄のどこにでもある赤い券売機で買い求めたところ、電車で10分ほどの距離なのに2人分で29€(約3,500円)。ちょっと変だと思い乗車直前にインフォメーションで「これ高くないですか?」と質問したら「これはICE(ドイツの新幹線)のチケット、フランクフルトで近郊列車用のチケットは隣りの緑の券売機です」と言われ、払い戻ししてもらいました。JRの普通の券売機で、品川と羽田くらいの距離なのにいきなり新幹線の指定席チケットが出てくるようなもの?外国人にはそんなローカルな券売機の存在は分からないし(私鉄用かと思った)。指摘しても職員氏も謝る訳でもない、さすがドイツです。その後様子を見ていると、やはりドイツ人の旅行者も赤の券売機の前で考え込んでいます。お節介だったかも知れませんが、「ちょっと、遠くに行かないなら隣の券売機ですよ」と教えてあげました。ちなみに近郊列車で駅までは14.95€(約600円)。妥当な値段です。

         謎の券販売機


フランクフルト中央駅にて次女と合流し、お昼のパリ行きのTGV発車時刻まで早朝の市内を観光することにしました。

       フランクフルト中央駅





30年ぶりに訪れたフランクフルトでしたが、すっかり様子も変わり昔のドイツには無かった高層ビル街を眺めながら広い道を旧市街、マイン川方向へ歩きました。

カイザー通り

 近代的な街並み

駅前から東へ真っ直ぐ伸びるカイザー通り、すっかり綺麗になりましたね。以前の猥雑な空間も良かったなぁなどと思いつつ。東方向へ旧市街の中心レーマー広場へ向かいます。

 路面電車の線路を越えると、もう旧市街です。

      

ラーツケラー(市役所のレストラン)という地元料理のレストラン。




中央駅から徒歩20分でレーマー到着。
広場中心にあるこの建物は、ゴシック様式で木組みの切妻(きりづま)型の建旧市庁舎レーマーです。レーマーとは、ローマ人の館に由来する名前だそうです。正面にはEU、ドイツ、そしてフランクフルトの3つの旗が掲げられていますね。かつて、この建物の中で神聖ローマ帝国皇帝戴冠式後祝賀会が行われたそうです。
また、手前のレーマー広場の中心にある噴水は、正義の泉です。その中央に立つのは、ローマ神話に登場する正義の女神・ユーステイテイア。市庁舎を向いて立っているこの女神像は、天秤を手に「正義・公平」を主張しているとのことですが、残念ながらこの日は修理中のため土台だけでした。

        フランクフルト旧市庁舎


レーマーの向かいには、ドイツ伝統構法で建てられたオストツァイレ(東の街並み)という棟の家屋があります。15 16 世紀の建築ですが、第二次世界大戦中の爆撃で破壊され1980 年代に再建されました。

         オストツァイレ



美しい木組みの家と、12世紀に建てられた旧ニコライ教会(ルーテル教会・右)



更に左奥へ小路を抜けて


        ウインドーショッピング

    

シュタイフの大きなキリンのぬいぐるみ


 





レーマー広場北側にある1833年に建てられた煉瓦造りのパウルス教会。18485月に憲法制定ドイツ国民議会が開かれました。広場にあるモニュメントは、ドイツ国民一体、団結の記念碑です。








レーマー広場を通り抜けて、マイン河畔へと歩を進めました
レーマー広場からすぐ近くの歩行者専用の橋、アイゼルナーシュテッグ(鉄の橋)。パリのセーヌ川にかかるPont des Arts(ポンデザール=芸術橋)同様、たくさんの南京錠が橋に掛けられています。恋人同士が愛を誓いながら鍵を掛けているのでしょう、そのうち重みで橋が壊れませんように!

マイン川からゆったり街を眺めることができる遊覧船プリムスリニエです。


遠くには大聖堂が見えます。

マイン河畔



1730年に建てられ、軍隊と監獄が置かれていたバロック様式の建物、ハウプトヴァッヘ(正面)と後方右のビルは、地上200メートルの展望台からフランクフルトの絶景を見渡すことができるマインタワーです。





Attachment.png

2020年1月19日日曜日

秋田内陸縦貫鉄道乗車、大急ぎで帰宅

さて、今朝は8:43ホテル前発のバスで田沢湖駅へ戻り、奥羽本線大曲行き普通列車で角館9:58着、大急ぎで武家屋敷を観光して11:05発秋田内陸縦貫鉄道急行もりよし2号で鷹巣へ。昼食後、13:51JR奥羽本線特急つがる3号で青森まで。若干ショッピングなどして16:45発奥羽本線普通列車で新青森にて乗り換え17:22発はやぶさ34号で上野に20:26到着予定。
以下のように、18:54現在、仙台停車中です。早くこの記事をアップしないと上野に着いてしまいます。夕方青森駅にいたら、急行八甲田や急行津軽で翌朝帰宅していた時代が懐かしいですね。


田沢湖9:36発奥羽本線大曲行きはワンマンカーでした。


車内はこんな感じ

角館滞在約1時間、武家屋敷まで行きは徒歩帰りはタクシーでした。
有名な石黒家、青柳家を路上より駆け足観光

         
       大変趣のある武家屋敷通りを駆け足で通り抜けました。

かなりハードでしたが、11:05発急行もりよし2号には、余裕で間に合いました。外国人の方などもいて、かなり賑わっています。20年前は急行車両で2両連結でしたが、1両ディーゼル車でした。

カラフルな車体

名所、大又川橋梁では最徐行してシャッターチャンスをプレゼントしてくれました。
                  下流


上流、橋の上からこちらを撮影中の方もいらっしゃいます。

途中、最も賑わう阿仁合駅

車内販売もあります。シートはいぬっこ柄


      車内には秋田犬の写真がたくさん、名付けて「いぬっこ列車」


13:05鷹巣着、13:51のJR鷹ノ巣発の特急つがる3号に無事乗り換えて青森着。
鷹ノ巣駅徒歩3分の比内地鶏と蕎麦の店いな穂さんにて比内地鶏の親子丼を時間を気にしつつ完食。しっかりとした歯応えのある食感でした。美味です。


岩木山と津軽平野


鉄道オタクの名所、青森駅の跨線橋より。かつてのような夜行列車や急行はもういません。