2020年1月19日日曜日

秋田内陸縦貫鉄道乗車、大急ぎで帰宅

さて、今朝は8:43ホテル前発のバスで田沢湖駅へ戻り、奥羽本線大曲行き普通列車で角館9:58着、大急ぎで武家屋敷を観光して11:05発秋田内陸縦貫鉄道急行もりよし2号で鷹巣へ。昼食後、13:51JR奥羽本線特急つがる3号で青森まで。若干ショッピングなどして16:45発奥羽本線普通列車で新青森にて乗り換え17:22発はやぶさ34号で上野に20:26到着予定。
以下のように、18:54現在、仙台停車中です。早くこの記事をアップしないと上野に着いてしまいます。夕方青森駅にいたら、急行八甲田や急行津軽で翌朝帰宅していた時代が懐かしいですね。


田沢湖9:36発奥羽本線大曲行きはワンマンカーでした。


車内はこんな感じ

角館滞在約1時間、武家屋敷まで行きは徒歩帰りはタクシーでした。
有名な石黒家、青柳家を路上より駆け足観光

         
       大変趣のある武家屋敷通りを駆け足で通り抜けました。

かなりハードでしたが、11:05発急行もりよし2号には、余裕で間に合いました。外国人の方などもいて、かなり賑わっています。20年前は急行車両で2両連結でしたが、1両ディーゼル車でした。

カラフルな車体

名所、大又川橋梁では最徐行してシャッターチャンスをプレゼントしてくれました。
                  下流


上流、橋の上からこちらを撮影中の方もいらっしゃいます。

途中、最も賑わう阿仁合駅

車内販売もあります。シートはいぬっこ柄


      車内には秋田犬の写真がたくさん、名付けて「いぬっこ列車」


13:05鷹巣着、13:51のJR鷹ノ巣発の特急つがる3号に無事乗り換えて青森着。
鷹ノ巣駅徒歩3分の比内地鶏と蕎麦の店いな穂さんにて比内地鶏の親子丼を時間を気にしつつ完食。しっかりとした歯応えのある食感でした。美味です。


岩木山と津軽平野


鉄道オタクの名所、青森駅の跨線橋より。かつてのような夜行列車や急行はもういません。



2020年1月18日土曜日

乳頭温泉郷へ

JR東日本全線が4日間乗り放題(新幹線含む)、指定も6回取れて15,270円とお得なJR東日本の大人の休日倶楽部パスを利用して、秋田県仙北市の乳頭温泉に来ています。
JR秋田新幹線。田沢湖駅から路線バスで約40分、眼下に田沢湖を眺めつつ乳頭温泉郷が近づいて来ました。

乳頭温泉郷の7つの温泉の日帰り入浴料が無料になる「湯めぐり帖」を購入、各温泉を結ぶマイクロバス「湯めぐり号」に乗り込みました。

一番奥にある鶴の湯へ向かう車窓。今年は雪が少ないそうですが、それでもこんな感じです。

乳頭温泉郷で一番人気の鶴の湯に到着。かつての秋田藩主の湯治場で今も茅葺き屋根の本陣が残っている、時代劇のセットにも使えそうな温泉でした。

茅葺き屋根と干柿、唐辛子

 この奥に広々とした混浴露天風呂があります。雪景色の中で温まりました。

その後、妙の湯へ戻ってランチと入浴。後方の滝の手前に露天風呂があり、絶景を堪能しました。
 

 昔沢ガニがたくさんいたという蟹場温泉(がにばおんせん)
                     
             秋田駒ヶ岳が美しい大釜温泉

        そして本日のお宿、休暇村乳頭温泉郷と、一日で五ヶ所の温泉を回りました。





2019年12月9日月曜日

2018年夏のヨーロッパ〜①タイ国際航空でフランクフルトへ

2018年夏のお話です。この夏も、昨年同様タイ国際航空でドイツを往復しました。フランクフルトでミュンヘン在住の次女と落ち合って列車でパリへ、そして市内観光の後にモン・サン・ミシェルへ行く予定を立てました。
まず、昨年と同じTG677便で成田〜バンコク・スワンナプーム国際空港まで約6時間、今回は1時間ほどの接続でTG920に乗り換えて、フランクフルトまで、所要21時間ほどです。
また、バンコク〜フランクフルト間も2階建てエアバスA380に乗ることになりました。
   
バンコクまでのフライトでは、2階部分のバルクヘッド席(前が隔壁の座席)の予約に成功して、足を十分伸ばすことができました。モニターは、このように隔壁についているため、少し遠くにあります。
 
機内安全設備案内のビデオ、メルヘン調で趣向を凝らしたものです。

タイ国際航空エアバスA380の2階エコノミー席は2ー4ー2の配列なので、ゆったりとしています。
       


しかも、今回はエアーウィーヴのクッションを持ち込んだので万全のエコノミークラス対策です。


一回目の機内食は成田離陸後、約1時間ほど経ってから。やはり、タイ風カレーをチョイスしました。
   

沖縄を過ぎたあたりで東シナ海に沈む夕日、航路上今回は良い天気でした。

 到着1時間前には抹茶アイスが
    



映画を2本ほどみて少しウトウトする間にバンコク到着、ほぼ6時間のフライトでした。


    オデッセイ、前から楽しみにしていましたね。

相変わらず賑わうバンコク・スワンナプーム国際空港に到着。トランジットエリア内

深夜にもかかわらず、次々に発着便があります。日本行き、多いですね。


時間があればショッピングも楽しいでしょうが、今回はタイトな乗り継ぎ時間の上、手荷物検査にすごい行列が出来ていました。

異国情緒あふれる小物たち

  薬品?系。効きそうですね。

前年は、空港でトムヤムクンを食べたので、バンコクからの便では夕食は遠慮しましたが、今回は小腹がすいたので機内食をいただきました。8月28日2度めの夕食、日本とは時差2時間ですから、すでに午前三時か。

バンコクからインド、アフガニスタン、トルクメニスタン、アゼルバイジャン、コーカサス地方上空を飛んで、ヨーロッパへ。

到着1時間前に朝食がサーブされました。

そうこうしているうちに、薄暮のフランクフルト国際空港が見えてきました。

 ターミナルに到着です。


やっと夜が明けてきました。日本はもう8月29日の13時頃。成田を出て約21時間、バンコクからは、約11時間のフライトでした。
     



2019年11月29日金曜日

ピティナ・ピアノステップ取手秋季地区 終了しました

11月3日文化の日、茨城県取手市の聖徳大学附属取手聖徳女子中学校・高等学校にて、取手秋季地区ステップが開催されました。
緑に囲まれた静かな校舎、また音楽科レッスン室で本番前に指ならしが出来ることなどとても恵まれた環境でのステップとなって、参加者の皆さまがリラックスされて弾かれているように感じました。
音楽の素晴らしさ、ピアノを続けることで広がる豊かな人生について分かりやすくお話しくださったアドバイザーの竹本 絵己先生、上仲 典子先生、新海 未穂先生、そして開催に当たってご協力いただいた各方面の皆さまに心より御礼申し上げます。
スタッフ一同、ステップでの皆さまとのご縁を大切にさらに活動に取り組んで行きたいと思いました。


                                               1、2部集合写真


          3、4部集合写真


            5部集合写真

         アドバイザーの先生方
      
              講評


              連弾

          小さなピアニストたち