2019年1月20日日曜日

ハイリゲンシュタットにて

ヴィーンに来たら、君は必ずここへ行き給え!と複数の同僚に勧められたのは、ハイリゲンシュタットです。ヴィーン中心部から地下鉄で30分ほど。そう、ベートーヴェンが有名な ハイリゲンシュタットの遺書を書いたベートーヴェンハウス(博物館)のある場所です。ベートーヴェンが田園交響曲などの楽想を練りつつ歩いた小径を自分の足で辿って、ベートーヴェン作品の命題である「苦悩から歓喜へ」の道のりを、肌で感じようではありませんか


さて、まず地下鉄4番線で終点のハイリゲンシュタット(Heiligenstadt)まで行きます。地下鉄は地上に出て、ヴィーン郊外のベッドタウンという雰囲気の駅前へ。ここから市バス38A番カーレンベルク(Kahlenberg)行きに乗り、アルムブルステルガッセ(Armbrustergasse)下車。ハイリゲンシュタット教会の前に行く来ます。


下車すべきバス停留所がよく分からず、乗り過ごしてしまって数駅歩いて戻ったため、30分ほどかかってアルムブルステルガッセに到着。しかし、案内があまりなくてやや心許ないです。

大勢の観光客を想像していましたが、ほぼ無人。日本人の老夫婦があと一組でした。
それもそのはず、ベートーヴェン博物館は改修中で2017年11月まで閉鎖中とのこと、がっくりです。
 
        右がベートーヴェン博物館




仕方がないので、石畳の坂道を下ってベートーヴェンの小径(Beethovengang)に向かうことにしました。
驚いたことに、この界隈に何軒もベートーヴェンの住んだ家、というプレートを発見しました。調べてみると彼は引越し魔で、生涯に80回!も引越ししたそうです。このハイリゲンシュタットは、郊外の別荘感覚で、シーズンに入るとヴィーン市内に居住していたようです。また、部屋を汚すので、大家さんとのトラブルが絶えなかったとか、いかにも彼らしいです。



散々迷ってやっとベートーヴェンの小径へ到着。人は全くいません。ベートーヴェンの曲を思い浮かべながら感慨にふける予定でしたが、この反対側は住宅が並んでいて子供が遊んでいたりと、普通の街の夕方の散歩になってしまいました。

左が有名な小川、右は住宅街です。道路も舗装されていて、歩きやすかったです。

もし、日本だったら歴史に残る楽聖の小径として、もっと周囲を当時のままに保存して観光地らしくするんじゃないか?などど思いました。しかし、大都市近郊では宅地開発は必然だし、遊歩道は明るく広く整備して安全面にも配慮しなきゃならないかと、ベートーヴェンと同じ道を散歩しながら、現実的な感想をつぶやいてしまいました。





斜面にワイン畑、道に迷ったおかげでちょっとだけ往時のような雰囲気を味わうことができました。



       
小径の途中にあるベートーヴェンルーエ(休憩所)と胸像。周囲に誰もいません。

2018年10月4日木曜日

モーツァルトハウスへ

ウィーン中央墓地から一旦市内に戻り、ウィーン市立公園からモーツァルトハウスへ向かいました。

            市立公園


         ヨハン・シュトラウス像

            シューベルト像



このアパートに1784〜87年までモーツァルトが住んでいたそうです。
こで「フィガロの結婚」が作曲されました。モーツアルトが犬を飼っていたこと、ハイドンなど有名人が訪れたことなどが分かりました。このような立派なアパート、部屋数も多く、しかも街の中心地ではさぞ家賃も高かったことでしょう。残念ながら、内部は写真撮影禁止でした。

ところで、日本語オーディオガイドを聴きながらボーッと立っていた時「和田先生!」と韓流スターのような美女に声をかけられました。「えッ?」と顔を向けると、取手聖徳の卒業生で都内の大学に通うAさん。驚きました。東京でもあったことがないのにウィーンのど真ん中で再会となりました。









ウィーンのSバーン(近郊列車)

左右に引っ張って自分で開ける地下鉄の扉

ジンメリンク付近で見つけた激安ケバプ店ドネル・ケバプがなんと1€!


                
      トルコのピーチジュース、甘い!

        付近のスーパー入り口にて

中央駅にて。



2018年9月30日日曜日

オペラから中央墓地へ


9月6日の行動、国立歌劇場周辺を歩いた後、南方の中央墓地へ行き再び市内に戻ってモーツァルトハウスなどを観光後、北方のハイリゲンシュタットへ向かいます。

         国立歌劇場の近くです。



国立歌劇場の前では、このようなスタイルで夜のオペラの勧誘中。



          マーラーのサイン


           R.シュトラウス

オペラの前から路面電車71番で中央墓地へ。

        公園のような入り口です。

32Aという区画が音楽家の墓地です。
左ベートーヴェン、右シューベルト。
         
     ベートーヴェンのお墓はメトロノーム型です。




お隣にはシューベルトが眠っています。



ブラームスのお墓です。


ヘルデンプラッツ(英雄広場)から国立歌劇場まで



2017年9月6日朝、ホテルを出て、まず地下鉄3号線でシュテファン広場からヘレンガッセへ、そして徒歩でヘルデンプラッツ(英雄広場)へ向かいました。
今日は午前中市内中心部を観光して、午後はハイリゲンシュタットへ向かう予定です。             

さて、ヘルデンプラッツとはハプスブルグ家の王宮、ホーフブルク宮殿前の広大な広場です。宮殿自体は様々な建物の複合施設となっています。

こちらは、威容を誇る新宮殿。1938年にヒトラーが、ここのテラスでオーストリアの併合を宣言したそうです。新王宮内部は、「エフェソス博物館」「中世武器博物館」「古楽器博物館」「民俗学博物館」となっていますが、今回は割愛。


王宮への外城門、ブルク門。1824年ライプチヒでナポレオンに勝利した記念に建てられたそうです。そばで見ると、巨大です。

1809年、アスペルンの戦いでナポレオンを破ったカール大公の像。


マリアテレジア像


自然史博物館



ブルク庭園モーツァルト像


カールス広場方向へ歩くとゲーテ像があります。




      ほどなくヴィーン国立歌劇場へ到着。


     すぐ近くにヴィーン楽友協会もあります。


 バロック建築の傑作、カールス教会。