2018年5月6日日曜日

グラッシィ楽器博物館②その他の楽器たち

さて、もう一つの目的、シューマン作品を演奏するためのペダルピアノを探し回りましたが、残念ながら見当たりませんでした。やはり一般的な楽器ではなかったのか?次に訪れる予定のシューマンハウスに何か関連するものはないか、などと思いを巡らせているうちに、よく見ればクラヴィコードに足鍵盤が付いているものを発見。

そういえば、この博物館やたらクラヴィコードがあるように思いました。

この文章を書きながら、ネット検索しているとグラッシィ楽器博物館所蔵の「ドメニク・ピサレシンウスが1542年に製作したクラヴィコード」が、現存世界最古!のクラヴィコードで、先のクリストフォリのピアノと並んで最も重要な所蔵品との記述を発見しました。何台ものクラヴィコードのうち、どれがそのクラヴィコードなのか・・・もっと事前に勉強して注意深く見学すべきであったと再び後悔することになりました。もう当分、ライプチヒには行かないので、もしこの博物館に行かれた方はどれがそれなのかご教示ください。

しかし、さすがヨーロッパでは第二、ドイツ第一の規模の楽器博物館です。実に珍しい楽器の数々を拝見しました。

不思議なクラヴィーアたち


           
デスク型ピアノ

          
      これはどうやって弾くのでしょうか?
    鍵盤の配列を変えると難曲がスラスラ弾けるかも



 謎の楽器

こちらも

2台合体ギター?

アルペジョーネだそうです。あのシューベルトのアルペジョーネ・ソナタは本来この楽器のためのものなのですね。


一つ、異色だったのはこれです。FDJとは自由ドイツ青年団のことで、かつて東ドイツ時代の共産主義青年団です。おそらくこのような楽器を用いて行進、パレードを行っていたのでしょう。もうすぐドイツ再統一から30年、かつての社会主義国の面影はどこにもありません。



2018年4月30日月曜日

グラッシィ楽器博物館①クリストフォリのピアノ

グラッシィ楽器博物館へ。さして広くない展示場ですが、入館するやいなや前回見落とした、世界に3台しか残っていないバルトロメオ・クリストフォリ作のピアノの元へ駆け寄りました。急いでいた3年前には気が付かなかったのですが、ピアノは立派なガラスケースの中に収められています。
外見的にはチェンバロのようです。そして、多くのピアノフォルテの中でも最もチェンバロに近い響きだそうで、それは、それまで鍵盤楽器の代表格だったチェンバロの存在が大きかったため、新しい楽器を創作しても響きのイメージは当然チェンバロ的になったからだと思われます。



4オクターブの音域(C-c3)を持ち、ウナコルダストップを備えていたそうです。



この中国風の装飾は、17世紀に流行したシノワズリ=中国趣味の影響でしょう。

クリストフォリが発明したアクションは、すでにほぼ今日のものに近かったそうです。














2018年3月7日水曜日

グラッシィ楽器博物館へ

さて、メンデルスゾーンハウスを後にして、グリーク記念室、旧ペータース音楽図書館を回ってグラッシィ楽器博物館へと向かいます。リンク先音色の足跡コースの地図をご覧ください。ライプチヒは、19世紀のヨーロッパでは出版の中心地として知られていました。音楽ではペータース社が今でも有名ですね。ノルウェーの作曲家エドワルト・グリークは、ライプチヒ音楽院に学びペータース所有者と親交を結び、冬の期間この場所に滞在し、1888年にここで有名なペール・ギュント組曲第1番を作曲したそうです。
そのような内容の看板が門塀に掛けられていましたが、中には入れませんでした。

庭園には虚空を見つめるグリークの首像がぽつんと・・・

その隣には旧ペータース音楽図書館、隣接する音楽出版社ペータースによって1894年開館。世界初の一般の利用も可能な音楽専門図書館。その貴重なコレクションは現在ライプツィヒ市立図書館へと受け継がれているそうです(内部は非公開です)。
さて、これからここから距離にして500mほど、しかし交通量が多いプラーガー通りを苦労して横断し、グラッシィ楽器博物館へと向かいました。ヨーロッパは石畳が多く、また
歩道の起伏、段差も日本より大きく感じられる上に毎日歩きづめなので、しだいに足が疲れて来ました。妻は「足が腫れて来た。もう無理」などと言い始めました。まだまだこれからなのに。


グラッシィ楽器博物館は、工芸美術館・文化人類学博物館の3つの博物館で構成されています。また、アール・デコ様式博物館建築として知られています。この楽器博物館には、ピアノの発明者バルトロメオ・クリストフォリが製作した、現存する世界に3台のピアノのうちの1台が展示されています。



実は前回訪れた2014年12月27日夕刻、トーマス教会からほぼ今回と同じコースを歩きつつ、途中道に迷って時間を食ってしまい17時開演のニコライ教会でのオルガン・コンサートに間に合うように博物館をダッシュで10分で駆け抜けて見学しました(結局コンサートに遅刻して入場を断られました。そのあたりの経緯は⇒こちら)。帰国後にクリストフォリのピアノがこの博物館にあった・・・と知って愕然とし、もう一度ライプチヒへ行かねばと心に決めていました。
さらにもう一つの理由は、昨年夏のオルガン発表会でシューマンのペダルピアノのためのカノン風練習曲Op.56を弾いたのですが(この曲はドビュッシー編曲、2台ピアノ版としてよく演奏されます)、オリジナルでは足鍵盤を使うため現在ではオルガンでしか演奏できません。しかし、楽譜にはダンパーペダル(ピアノの右ペダル)の指示があるため、本来は足鍵盤付きのピアノで弾くための作品であったのは間違いない、もしシューマンゆかりのライプチヒの博物館にペダルピアノも所蔵されているのなら、是非見たいと思ったのでした。
     シューマン:Op.56より第2番

2018年2月13日火曜日

メンデルスゾーンハウスへ


前回の投稿の後、あまりにも忙しい日々が続いてブログを書くどころかパソコンに向かう時間もなかったため、昨年の旅行記を放置していました。やっと一息つくことが出来たので、記憶を手繰り寄せながら2017年8月30日のライプチヒに戻って話を進めましょう。

 

さて、トーマス教会、バッハ博物館、カフェ・バウム訪問を終えて午前11時、これからメンデルスゾーンハウス、グラッシイ楽器博物館、それからシューマンハウスを徒歩で回る予定です。



 マルクト広場
  

                 ニコライ教会



再びマルクト広場の前を東へ横切ってニコライ教会の前へ来ました。この先を少し左方向へ折れメンデルスゾーンハウスに向かいます。3年前の暮、この通りを間違って南下して、Bayerischer Bahnhof(バイエルン駅)まで行ってしまい、極寒のライプチヒ市内をさまよったことを思い出しました。しかし、今回はすぐにライプチヒ大学、そしてメンデルスゾーンゆかりのライプチヒ・ゲヴァントハウスを見つけて、迷わずメンデルスゾーンハウスに到着することが出来ました。


奥、ゲヴァントハウス、手前はシューマンが法学を学んだライプチヒ大学
現在のゲヴァントハウスは東ドイツ時代に建てられた近代的なコンサート会場です。


Roßplatz(ロスプラッツ広場)という名の大きな通り(マルティン ルター 環状通り?)を渡ると、立派なメンデルスゾーン旧邸が見えて来ます。実際にメンデルスゾーンが暮らし、息を引き取った家です。邸宅の大きさ、内装、調度品などからやはり裕福な一族であったことがよく分かります。また
中心街にほど近いことから演奏活動、社会活動の実践にはとても便利、にもかかわらず大通りを挟んで喧騒から離れた閑静な住宅街なのでメンデルスゾーンの創作活動にも理想的な環境であったと思われます。






        右側がメンデルスゾーンハウス、この建物全部です。

                                 書斎、落ち着いた雰囲気の中で名曲が書けそうです。


                奥行きのある廊下

画家としてのメンデルスゾーン、旅先での美しい絵画が展示されていました。

        スイス、シャッフハウゼン付近のラインの滝です。

登山したアルプス山頂。

            サロンコンサートが開かれる広間

              初代ゲヴァントハウスの模型

                   中庭

              名曲を聴くことも出来ます。